保険選びのコツ

がん保険・特定疾病保険がん保険とは

生命保険とは

がん保険とは、がんの治療にかかる経済的負担を保障することを目的とする保険です。

s_knack_genre03_01

検査技術の進化によりがんは早期発見できるようになってきています。そして医療技術の進歩により納得できる治療方法を選べるようになってきています。

一方、最適な治療方法がありながら、高額な治療費がゆえに諦めざるを得ないといったケースも少なくありません。

そしてがんには再発・転移の心配がありますし、副作用をかかえながら長期にわたる治療が必要となることもありますし、場合によっては闘病による収入減を考える必要もあります。

保険選びのポイント

治療方法や価値観の多様化にともない、がん保険も様々なタイプが登場しています。またがんだけでなく、特定の病気に特化した保障を備える保険も登場していますので、あわせてポイントを解説いたします。

  • 診断給付金・疾病一時金
    何回給付されるのかチェックしましょう。
    複数回給付されるタイプと、保険期間を通して1回のみ給付のタイプがあります。また複数回給付されるタイプなら、2回目以降の給付条件もチェックしましょう。
    また疾病一時金の場合、保障される病名・病状も大切なポイントです。
  • 通院給付金
    どのような通院を保障するのか、日数などの制限があるのかをチェックしましょう。
    給付対象の治療内容が限定されているタイプ、所定期間以上の入院後の通院を要件とするタイプ、退院から一定期間のみ保障するタイプなどがあります。
  • 上皮内がん
    上皮内新生物(上皮内がん)が保障の対象となっているかチェックしましょう。
    また診断給付金の保障額が悪性新生物と同額かもポイントです。
  • 先進医療・自由診療
    公的医療保険制度では保障されない先進医療や自由診療をカバーできるかチェックしましょう。
  • 先進医療給付金
    公的保険制度で保障されない先進医療の技術料をカバーします。先進医療にかかる技術料と同額を保障するタイプのほか、技術料に上乗せして一時金を支払うタイプもあります。

他にも保険期間、保険料払込期間、保険料払込免除、抗がん剤治療への備え、女性特有のがんへの備え、収入の目減りへの備えなど様々なポイントがあります。